高齢者アクティビティ開発センター Activities Development Center for The Elderly

芸術文化、遊び文化の創造による新しいシニア・ケア社会を提案
お問い合せサイトマップ資料請求

home
高齢者アクティビティ開発センターとは?
理念
沿革
活動内容
会員制度

トピックス

アクティビティディレクター資格認定セミナー
応募要項
カリキュラム
お申し込み方法
講師紹介
よくある質問

高齢者アクティビティ開発センターの本
書籍紹介
『アプティケア』
購入方法

アプティケア研究会
高齢者遊具100選(通販&会員制レンタル)
過去の活動

関連サイト
当センターのFacebookページです。セミナー・イベント情報をはじめ、アクティビティに関するさまざまな情報や旬な話題を幅広く発信。みなさまの情報交換の場にも。
当センターの上部団体です。人材育成講座や東京おもちゃ美術館の運営などを通じて、日本の芸術文化、おもちゃ文化、遊び文化の向上を目指す認定NPO法人。
赤ちゃんからお年寄りまでの文化向上のため、遊び、おもちゃ、芸術文化などの研究活動を展開。子どもと大人のアート&遊びのラボラトリー「あーと・らぼ」や、各種研修などを実施。
赤ちゃんからお年寄りまで自信を持ってお薦めできるおもちゃを多数取り扱うウェブショップです。日本全国一律送料500円、税抜1万円以上のお買い上げで送料無料。

芸術教育研究所の運営するおもちゃショップApty中野店・四谷店・ウェブ店の情報が詰まったブログサイトです。アクティビティおもちゃや、おもちゃ職人の素敵な情報をお届け中です。
おもちゃを創る・遊ぶ・学ぶ・楽しむがテーマの、多世代交流のミュージアム。各種イベントや手作りおもちゃ教室も開催。日本のおもちゃ作家の作品を集めたショップも充実。
「グッド・トイ」は私たちの「遊び力」を引き出してくれるおもちゃです。これまで選定されたおもちゃ約350点を紹介。
壊れたおもちゃを治すおもちゃ病院関係者の集まりです。おもちゃドクター養成講座情報や全国おもちゃ病院リストを紹介。

過去の活動

第2回 老人ケアと生活の質フォーラム
『アクティビティサービスの専門性とは』
〜高齢者福祉・介護予防における生活文化の創造〜

 9月1日(土)に中野サンプラザにて、全国各地の高齢者施設で活躍中の「アクティビティ ディレクター」の活動を発表するフォーラムを行い、当日は会員や一般、評議員も合わせ100名近くが集まりました。

日 時 2007年9月1日(土)
《フォーラム》13:00〜16:30(受付開始12:30)
《意見交換会》17:00〜19:00
会 場 中野サンプラザ8階 研修室2(東京都中野区)
定 員 80名
主 催 高齢者アクティビティ開発センター
後 援 日本福祉文化学会
協 賛 グラファージ株式会社 株式会社黎明書房
協 力 芸術教育研究所 NPO法人日本グッド・トイ委員会

プログラム

12:30 受付

13:00 開会

挨拶 ・多田 千尋(高齢者アクティビティ開発センター代表)

講演1
「新時代に向けたアクティビティサービスを考える」
綿 祐二(文京学院大学教授)

講演2
「老人ケアにおけるおしゃれと色
岩井 ますみ(イリデセンス主宰・カラーコーディネーター)

実践
「いきいき快眠体操のすすめ」
山尾 碧(ロフテー株式会社 快眠スタジオ)

現場報告
アクティビティ ディレクターが語る福祉文化」
発表者・中野 ひとみ(グッドエイジングクラブ古正寺の杜)
   ・藤田 裕子(横浜市東永谷地域ケアプラザ)
   ・大門 千恵(清瀬上宮病院)
コーディネーター・馬場 清(浦和大学助教授・日本福祉文化学会事務局長)

16:30 閉会

17:00〜19:00 意見交換会


綿 祐二氏の講演に真剣に聞き入る参加者


岩井先生のスカーフを使った実践で、参加者の印象ががらりと変わる


現場報告では、ADの実践の様子や抱えている課題が報告された


フォーラム後に行われた意見交流会は、ADの同窓会のようでもあった

米国・オレゴン州スタディーツアー
『子どもと高齢者の「遊び活動」・「芸術活動」を学ぶ旅』
〜第1回「アクティビティ ディレクター」日米国際交流会開催〜

 2007年6月5日(火)〜10日(日)にアメリカ・オレゴン州へのスタディーツアーが行われ、AD資格を取得した会員の方5人と、片桐先生、多田代表が参加し、第1回AD日米国際交流会が開催されました。

ご旅行期間 2007年6月5日(火)〜10日(日) 4泊6日
参加人員 7名様
対  象 高齢者アクティビティ開発センター会員、アクティビティディレクター受講生、おもちゃコンサルタント、芸術教育の会会員及び一般
旅行企画 高齢者アクティビティ開発センター
協  力 NPO法人日本グッド・トイ委員会、芸術教育の会
企画実施 郵船トラベル株式会社 多摩営業所

このデイサービスでは、スタッフが医師と協力しあいながら、アクティビティをコーディネートしている


アクティビティが充実しているリハビリセンターでは、廊下に掲示した「良いニュース」にたくさんのメッセージが寄せられる


Miramount Pointeで、入居者に折り紙のアクティビティを行う参加者。日本の折り鶴はアメリカでも人気


アクティビティ ディレクター日米国際交流会のメンバーの一部。国境を超えてアクティビティ ディレクターの交流を深めた

日本初「アクティビティ ディレクター」 誕生記念フォーラム
『高齢者福祉・介護予防における生活文化の創造』
〜アクティビティ サービスの専門性を探る〜

 高齢者福祉における芸術と遊びのある生活文化の創造を提案する「高齢者アクティビティ開発センター」を設立し、1年が経過いたしました。そして当センターの第一弾の取り組みとして、現場のアクティビティサービスの質を高める専門家「アクティビティ ディレクター」の養成を始め、今秋約100名の資格認定者が誕生! 「アクティビティディレクター」の誕生を記念するとともに活躍を応援する記念フォーラムを開催し、雨にもかかわらず、全国各地からアクティビティディレクターをはじめ、アクティビティディレクターに興味を持たれた方など約120名にご参加いただきました。一番ケ瀬先生はじめ講師陣からは、高齢者一人ひとりがお持ちの生活文化、行事文化、趣味文化を大切に、ワクワク感じてもらえるアクティビティディレクターに育って欲しいとのエールを存分に頂戴しました。

日 時 2006年10月1日(日)14時00分〜17時00分
(17時15分〜19時00分 記念パーティ)
会 場 東京グリーンパレス ばらの間
参加費 無料
主 催 高齢者アクティビティ開発センター
後 援 日本福祉文化学会
協 賛 グラファージ株式会社 株式会社黎明書房 山崎教育システム株式会社
協 力 芸術教育研究所 NPO法人日本グッド・トイ委員会

プログラム

13:30 受付

14:00 開会の挨拶 ・多田 千尋(高齢者アクティビティ開発センター代表)

14:10 基調講演1
「利用者本位のケアデザインが介護を変える」
綿 祐二(文京学院大学教授)

14:40 基調講演2
「高齢者福祉におけるアートとケアの共生」
片桐 由喜子(アクティビティケア クリエーター)

15:20 記念講演
「ヒューマン ウェルフェアの高齢者福祉 〜アクティビティ ディレクターの可能性〜」
一番ケ瀬 康子(長崎純心大学大学院教授・日本福祉文化学会会長)

16:20 パネルディスカッション
「高齢者福祉・介護予防における生活文化の創造」
 〜アクティビティ サービスの専門性を探る〜

17:15 記念パーティ(会費制:5,000円)


一番ケ瀬 康子氏の基調講演


講師陣からアクティビティディレクターへのエールいっぱいのパネルディスカッション


続いてのパーティーにも約50名が参加


なごやかムードで受講生や講師陣が交流しました

第2回 介護者のための「AptyCare」フォーラム
『お年寄りと子どもの統合ケア』

◆痴呆症のお年寄りに効果がある幼老統合ケア
◆新しい時代の幼老統合型デイホームのめざすもの
◆地域で自分らしく生きるための痴呆高齢者ケア

 生活速度がほぼ同じである子どもとお年寄りは、よきパートナーです。人生経験豊富なお年寄りの知恵を子育ち子育てに活かすことで、お年寄りは生きがいを感じ介護予防に役立ちます。
 お年寄りと介護者、子どもと保育者という関係だけでなく、新時代の新しいケアモデルとして、「幼老統合ケア」といった考え方も注目してきています。お年寄りと子どもが一緒に過ごし、刺激しあうことでケアや子育てに相乗効果をもたらす取り組みについて考えます。

 
日時 2004年12月1日(水)午前10時〜午後4時
会場 なかのZERO 小ホール(東京都中野区)
対象 高齢者施設のケアワーカー、ホームヘルパー、幼児教育、高齢者福祉・保育関連の学生、ボランティア、在宅介護のご家族
主催 芸術教育研究所 芸術教育の会「高齢者のアクティビティ研究会」
後援 財団法人高齢者住宅財団、国際長寿センター、全国痴呆性高齢者グループホーム協会、全国老人福祉施設協議会、日本福祉文化学会、社団法人呆け老人をかかえる家族の会、社団法人長寿社会文化協会
協賛 株式会社黎明書房 グラファージ株式会社

プログラム

基調講演
「お年寄りと子どもが輝く統合ケア」
・岡村 清子(東京女子大学助教授)

講演
「地域と交流し共に支えあう施設づくり」
・桜井 里二(特別養護老人ホームさくら苑苑長)

わらべうたライブ
「お年寄りと子どもが輝く統合ケア」
・大熊 進子(町田コダーイ合唱団指揮者)

語り部ライブ
「私たちは心で語る」
・語り部ボランティア「わ」の会

実践報告
「お年寄りと子どもをつなぐ福祉文化」
・多湖 光宗(グループホーム自立共生ひかりの里理事長)
・森田 真希(NPO法人子どもとお年寄りの家「鳩の翼」代表理事)
・川瀬 弓子((医)川瀬神経内科クリニック通所リハビリテーション「樫の森」施設長)

パネルディスカッション
「地域に根づく統合ケア」
・パネリスト:多湖 光宗、森田 真希、川瀬 弓子、多田 千尋
・コーディネーター:菊地 貴美江(芸術教育研究所)

 

第1回 「AptyCare」創刊1周年記念フォーラム
『要介護高齢者の遊び文化、芸術文化を豊かなものに』

日時 2003年10月15日(水)13:30〜16:30
会場 なかのZERO 小ホール
対象 高齢者施設のケアワーカー、ホームヘルパー、幼児教育、高齢者福祉関連の学生、ボランティア、在宅介護のご家族
主催 芸術教育研究所 芸術教育の会「高齢者のアクティビティ研究会」
後 援 財団法人高齢者住宅財団、国際長寿センター、全国痴呆性高齢者グループホーム協会、全国老人福祉施設協議会、日本福祉文化学会、社団法人呆け老人をかかえる家族の会
協賛 株式会社黎明書房 グラファージ株式会社

プログラム

基調講演
「呆けても、呆けなくても輝く人生のフィナーレ」
・永田 久美子(高齢者痴呆介護研究・研修東京センター主任研究主幹)

高齢者語り部ライブ
「私たちは心で語る」
ゲスト:特別養護老人ホームさくら苑の「語りの会」メンバー
サポーター:正岡 慧子(児童文学作家)、ボランティアサークル「わの会」

みんなでレクリエーション
「楽楽生活レクリエーションのすすめ」
・高橋 紀子(福祉レクリエーションワーカー、ルナ・イ・ソル代表)

パネルディスカッション
「新時代に向けてアクティビティ・サービスを問いなおす」
パネリスト:薗田 碩哉(実践女子大学教授)、綿 祐二(元長崎国際大学助教授、現文京学院大学教授)、多田 千尋(芸術教育研究所所長)、コーディネーター:馬場 清(浦和大学講師)

 

永田 久美子氏の温かみあふれる基調講演


高齢者語り部ライブで、いきいきした生の語りに触れる


参加者も一緒に身体を動かして生活に根ざしたレクを体験


なごやかに熱い意見が飛び交ったパネルディスカッション

ページトップ
Copyright ©2005 高齢者アクティビティ開発センター